電話:052-805-0811

名古屋市天白区海老山町1605MAP

駐車場完備

名古屋市 天白区 歯科 歯周病治療 インプラント 予防歯科 レーザー治療

インプラント

鳴子北駅のスピック歯科クリニック/歯医者の予約はEPARK歯科へ レーザーによる歯周病治療 設備紹介 当院の歯科商品求人案内
MOBILE SITE

インプラント治療とは

従来、入れ歯やブリッジで対応していた歯を失ってしまった部分にチタン製の人工歯根を植え込み、もともとあったご自分の歯と同様の噛む機能、噛み応えを回復させる治療法のことです。

現在たくさんの形態、材質、システムのインプラントが開発され、生まれてきております。当院では、数あるインプラントのうち、アストラインプラントを使用しています。このインプラントはスウェーデンで研究・開発され世界的にも認められている安全で信頼のおけるインプラントシステムです。

【2本抜けた場合】

  • 抜けた歯の部分にかかる大きな力を支えるため、両側の歯を数本削り、ブリッジにします。支えになっている歯には当然大きなストレスが加わります。

  • 抜けた部分の力を補えるだけの数のインプラントを確立します。隣の歯を傷つける必要はありません。

【奥歯が数本抜けた場合】

  • 左右にまたがった取り外し式の入れ歯を作り、バネで固定します。残った歯を痛めたり、強い力で噛めなかったりします。

  • 数本のインプラントを確立し、固定します。自分の歯と同様に噛むことができ、残った自分の歯の保護にもなります。

インプラントの寿命

インプラントそのものの寿命は半永久的と言えますが、実際には、残された歯や骨の状態、または、全身状態など、個々の条件により左右されます。インプラントを常にお口の中で良好な状態に保つためには、インプラント治療後、天然歯の時と同じようにお口の中の衛生管理をしておく必要があります。そのためには、歯科医師や歯科衛生士の指示に従い、毎食後の歯磨きはもちろんのこと定期検診は必ず受けるようにすることが大切です。

歯を失う原因は…

    • 歯周疾患の進行により歯を支えていた骨がなくなり、腫れたりグラグラして噛めなくなったりしたため抜歯に至った場合。

    • 繰り返し虫歯になり、神経を取ったり被せたりしているうちに、とうとう保存不可能な状態になったため抜歯した場合。

  • この場合は明らかにお口の中の清潔に問題があったことが原因と考えられます。例えインプラントを入れ具合良く噛めていたとしても安心できません。定期的なメンテナンスとプロフェッショナルなクリーニングを受けることをお勧めします。

    • 歯ぎしり、食いしばりなどにより、歯が抜けたり保存不可能な状態になってしまった場合。

    • 元来、生えるべき永久歯が欠落して生えてこなかった。先天的な歯の損傷場合。

  • ご自分でもコントロールできない場合が多いため「ナイトガード」のような装置を夜間だけでもつけられるとトラブルを未然に防ぐことができると思います。

インプラント治療のデメリット

外科的侵襲が必要

費用が掛かる


インプラント治療のメリット

  • 【入れ歯のようにガタつくことがなくなります】

    取り外し式の入れ歯のように異物感やガタつきがなくなり、自分の歯と同じような機能、感覚を取り戻すことができます。

  • 【食事が美味しくなります】

    噛む感覚が自分の歯のようになりますので、食べ物や飲み物がとても美味しくなります。

  • 【発音がよくなります】

    入れ歯のように動いたりすることがないので、発音や発声がもとのように戻ります。

  • 【健康な歯を傷つけません】

    ブリッジと違って、隣の健全歯を傷つけることなく治療することができます。

  • 【素敵な笑顔が取り戻せます】

    笑ったり、お口を大きく開けた時も外れることがないので、素敵な笑顔が取り戻せます。

  •  

インプラント料金(目安)

インプラント埋入手術 25万円

上部補綴物6~8万円


CT


インプラント治療の順序

  1. 1.審査と治療計画
    インプラント治療に必要な審査を行い、インプラントの治療が可能かどうか診断します。
  2. 2.フィクスチャー埋入の手術
    歯の根に相当する部分であるインプラントの根(フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋入する手術を行います。局部麻酔を用いて行いますので安心して手術を受ける事ができます。
  3. 3.治療期間
    この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます(2~3ヶ月)
    ※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
    ※この間、必要に応じて仮の歯をいれることもあります。
  4. 4.アバットメントの結合
    人工の歯の支台になるインプラントの土台(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
    ※この時、簡単な手術を行う場合もあります。
  5. 5.人口の歯の装着
    インプラントを含めたお口の印象彩得(=型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を製作します。(その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。)
  6. 6.メンテナンス
    インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。正しい歯磨きを1~3ヶ月に一度の定期健診を受け健康な状態を維持していきましょう。
PAGE TOP