電話:052-805-0811

名古屋市天白区海老山町1605MAP

駐車場完備

名古屋市 天白区 歯科 歯周病治療 インプラント 予防歯科 レーザー治療

歯ぎしり防止装置

鳴子北駅のスピック歯科クリニック/歯医者の予約はEPARK歯科へ レーザーによる歯周病治療 設備紹介 当院の歯科商品求人案内
MOBILE SITE

歯ぎしり防止装置とは

睡眠中に起こる歯ぎしりや食いしばりは、ご本人や周囲のご家族も気づきにくく、改善が難しいといわれています。

歯ぎしり防止装置とは、寝ている間に装着し、上下の歯が直接触れ合わないようにする装置のことです。
歯のすり減りを防ぎ、顎の痛みや顎関節症の予防にもつながります。
マウスピース、ナイトガードとも呼ばれます。
市販品もありますが、歯科医院で歯型を取り、患者さまのお口と歯に合わせた形に製作するものがほとんどです。

歯ぎしり・食いしばりはなくても、歯が欠けている、詰め物やかぶせ物が外れやすいといったお悩みをお持ちの方にも、歯ぎしり防止装置があるといいでしょう。寝ている間に、歯や顎に負担がかかるのをやわらげ、歯の保護につながります。

歯ぎしり・食いしばりとは?

歯ぎしり・食いしばりは、睡眠中や起きているときに、無意識に上下の歯を強くこすり合わせたり、噛みしめてしまったりすることを指します。ギリギリとこすり合わせているうちに歯が削れて、歯や顎に負担がかかります。

虫歯はないのに歯が痛い、朝起きたら顎や口の周りがこわばっているといった症状がある場合、寝ている間に歯ぎしり・食いしばりが起きている可能性があります。

歯ぎしり・食いしばりは、3つの種類に分類されています。

  • 上下の歯をギリギリと音を立ててこすり合わせる「グラインディング」
  • 上下の歯を無意識に噛みしめてしまう「クレンチング」
  • 上下の歯をカチカチと噛み合わせる「タッピング」
 

歯ぎしり・食いしばりが起こる原因として、噛み合わせや飲酒、喫煙、眠りが浅いなどさまざまですが、多くは「ストレス」が原因であるといわれています。
また、研究により、歯ぎしり・食いしばりの大半は、眠りの浅いノンレム睡眠の時に発生するということがわかっています。

歯ぎしり・食いしばりで起こること

歯ぎしり・食いしばりは、歯が痛い、顎が疲れるといった症状以外にも、歯と顎にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

歯が痛い・歯がしみる

歯の周囲に負担がかかり、炎症を起こしやすくなります。
奥歯を噛むと痛い、歯が痛いのに痛みの場所が特定できないといった場合、歯ぎしりや食いしばりが原因の可能性があります。歯の神経がダメージを受けていることもあります。
また、歯ぎしりによって、歯の表面を覆っているエナメル質が削れ落ち、知覚過敏の原因となります。
エナメル質がなくなると、歯の内部に細菌が入りやすくなり、歯がしみたり、虫歯の原因にもなります。

歯ぐきが痩せてくる

歯に強い負担がかかることで、歯槽骨(歯を支えている骨)にも負担がかかり、歯ぐきが痩せていきます。
歯が倒れる、動くといった歯周病の症状が悪化しやすくなります。

歯が折れる・割れる

歯に負担がかかって徐々に傷み、折れたり、割れたりしてしまうことがあります。

歯のかぶせ物が割れる

強い力がかかることで、かぶせ物が割れてしまうことがあります。

顎関節症の一因になる

顎の関節に負担がかかり、顎関節症の一因となる可能性があります。
また、顎の負担が集中するところに、骨隆起(骨のこぶ)ができることがあります。

肩こりや頭痛が起きやすくなる

歯ぎしり・食いしばりによって顎や首、肩の筋肉がこわばり、肩こりや頭痛が起きやすくなります。

治療の流れ

1.問診、検査

口の中の状態を検査し、歯のすり減りや噛み合わせ、骨の状態などを調べます。

2.歯型を取る

歯型を取り、患者さまに合わせた歯ぎしり防止装置「マウスピース(ナイトガード)」を作成します。

3.完成、お渡し

マウスピース(ナイトガード)は歯型を取ってから1週間ほどで完成します。
お渡しの際に、装着方法などをお教えします。

4.装着

マウスピース(ナイトガード)は、寝るときにつけていただきます。
ご自宅で装着するときは、鏡を見ながら装着するとしっかりつけることができます。

5.ご来院していただき、チェック

完成したマウスピースをお渡ししてから1週間後を目安にご来院いただきます。
お口の状態やマウスピースが合っているかどうかなどをチェックします。

6.定期チェック

2か月に1回、定期的にご来院いただき、経過を確認します。
気になることや、マウスピースのメンテナンスなどお気軽にご相談ください。

取り扱いについて

マウスピースの洗い方

熱湯を使うと温度で変形するおそれがあるので、柔らかいブラシを使って水で洗います。
表面に傷がつくと、その部分に細菌が繁殖する可能性があるので、研磨剤の入った歯磨き粉などは避けましょう。
マウスピース専用の洗浄液や除菌・洗浄スプレーを使うのもよいでしょう。

マウスピースの保管方法

マウスピースは、素材によって保管方法が異なります。

 

●ハードタイプの場合
乾燥で変形することもあるため、プラスチック製の容器に入れておきます。
持ち運ぶときは、濡れたティッシュなどで包んで、乾燥しないようにしましょう。

●ソフトタイプの場合
洗ったあとは、よく乾燥させて、通気性の良い容器に入れて保管します。

PAGE TOP