電話:052-805-0811

名古屋市天白区海老山町1605MAP

駐車場完備

名古屋市 天白区 歯科 歯周病治療 インプラント 予防歯科 レーザー治療

床矯正

鳴子北駅のスピック歯科クリニック/歯医者の予約はEPARK歯科へ レーザーによる歯周病治療 設備紹介 当院の歯科商品
MOBILE SITE

小児矯正

歯並びが悪いと

  • 歯磨きで磨き残しができやすく、虫歯や歯周病になりやすくなります。
  • 噛み合わせが整っていないため、食べ物が噛みにくくなります。
  • 悪い顎のバランスが全身の骨格を歪め、姿勢が悪くなったり肩こりなどの原因となります。
  • 悪い歯並びがコンプレックスとなります。

小児矯正のメリット(こどもの頃から歯並びを整えるメリット)

  • 永久歯が正しい位置に生えるように誘導します。
  • 顎の成長を促すことで、抜歯の可能性を減らすことができます。
  • 虫歯になりにくくなります。
  • コンプレックスが解消されます。

矯正治療を始める時期

  • 矯正治療を始める時期には個人差がありますが、永久歯が生えそろう前に行うのが最適です。
  • こどもの矯正治療には「第一期治療」と「第二期治療」に分かれます。
第一期:
永久歯に生え変わるまでの治療、骨格のバランスを整えたり顎の成長を促すなどして、永久歯が正しく生える土台を作ります。
第二期:
永久歯が生えそろってからブラケット(矯正装置)を歯に取り付けて、歯を動かします。

床矯正とは?

スピックデンタルクリニックでは「床矯正(しょうきょうせい)」による小児矯正を行っています。
矯正治療というと、歯を抜き、ブラケット(矯正装置)を取り付けて歯を動かす方法がよく知られています。
「床矯正」は歯を抜くことなく、プレート(矯正装置)を利用して顎の骨の成長を促す矯正治療です。
顎の骨が未発達なうちに床矯正を行えば、顎が広がり、歯が移動されて自然に歯並びが良くなります。
矯正治療を始める時期としては第一期(永久歯が生え変わるまで)が推奨されます。

 

床矯正のメリット

  • 歯を抜かないで良い

ブラケットによる矯正とは異なり、床矯正では歯を抜く必要がありません。
そのため、お子さんの永久歯が生えそろうのを待つことなく治療をスタートできます。

  • 矯正装置は自分で取り外しが可能

取り外しが可能なので、矯正装置が気になって食事や歯磨きがうまくできないということがありません。
自宅にいる時だけ矯正するといった選択も可能ですので、周囲の方に矯正を知られずに済みます。
きちんと歯磨きができるので虫歯になりにくいとも言えます。

  • 矯正による痛みがない

強い力をかけて歯を矯正するわけではありませんので、痛みがでにくい矯正治療です。
また、装置が口の中で当たって痛いときは調整することができます。

床矯正のデメリット

  • 根気よく装着を続けなくてはいけない

取り外しができるということは、その都度、装着を自分でしなくてはいけないということでもあります。
治療期間には個人差がありますが、数年はかかり、根気よく続けなくてはいけません。
もし嫌がることがあれば、お子さんの装着を促すために周囲の家族の協力が必須になります。

  • 取り外しをするので装置を破損しやすい

装置の取り外しのときに誤って落とすなどして破損することがあります。
また、装置を失くすことがないようにするためにも、家族がしっかり保管してあげるといいでしょう。

幼少期からできる歯並びが悪くならないための対策法

幼少期のクセは歯並びに影響を与えかねません。歯並びが悪くならないよう、対策をしましょう。

1.指しゃぶりや爪を噛むクセをなおす

長い間、指しゃぶりをやめられないでいると指で前歯が押されて、出っ歯になりやすくなります。
また、爪を噛むクセは前歯に強い力がかかって、受け口になりやすくなるなど、歯並びに影響します。
無理やりではなく、優しく諭しながらやめさせましょう。

2.よく噛んで食べる

あまり噛まないで食事をすると顎の周りの筋肉が使われず、顎が小さいままで、歯並びが悪くなります。
よく噛んで食べられるように、かたいものなど、噛む必要がある料理を取り入れましょう。

3.口呼吸に注意する

口呼吸がクセになっていると、口があいたままになり、口の周りの筋肉や顎が発達しません。
すると、歯並びが悪くなったり、受け口になったりします。口がぽかんとしているお子さんは要注意です。
口があいているときは閉じさせる、ガムを噛ませるなどの方法で対策を行いましょう。
鼻づまりがあると口呼吸になりやすくなりますので、耳鼻科で適切な治療を受けることも肝心です。

4.姿勢を正す

頬杖を付く姿勢は噛み合わせを悪くして、歯並びに影響するのでやめさせましょう。
イスに座って食事をするときに足をぶらぶらさせるのもよくありません。
前かがみになってしまい、噛む位置がずれて歯並びに影響します。姿勢が悪いときは注意をしてあげましょう。

気になることがありましたら、ご相談ください。

矯正治療中の注意事項

  • 歯や矯正装置にくっつく食べ物は、なるべく食べないようにしましょう。
  • 激しくぶつかるスポーツは口の中を切ることがあるので注意しましょう。
  • 矯正装置があるため歯磨きしにくくなりますが、時間をかけて丁寧に磨くようにしましょう。

料金(目安)

床矯正 1顎 6万5千円

調整診断料 3万5千円

PAGE TOP